外国人伸び率

少し古い記事ですが、日経新聞が外国人伸び率を示しています。

vdata.nikkei.com

記事によると、全国では2009年 「112人に1人」が2018年「46人に1人」と倍増。また食料品製造では11人に1人が外国人労働者とのデータが出ており、10人に1人。東京では、もはや18人に1人が外国人のようです。

鹿児島で見てみると、なんと伸び率は3位。2018年現在で、117人に1人が外国人ですね。グローバル化が進んでいるかどうかはよく話題になっており、例えば英語教育関係では寺沢氏の本がよく話題に上がります。2015年の発売の本書では、人口によく膾炙する「グローバル化」という言葉の真実を明らかにしようとしています。

amzn.to


が、時代は変わっているのもまた事実。例えば、GAFAが強くなってきたのはここ数年(*1)だし、パーソル総合研究所が示した2030年に650万人の人手不足も最近の発表(*2)だと言えます。

2

rc.persol-group.co.jp


昨日のブログでは「自ら未来を語り、自ら未来を切りひらいていく学校」という言葉を紹介しました。OODAではないが(OODAについてはまた別記事で紹介)、まずは現状をしっかりと捉えることが大事かもしれない。