JiTTって結構いいのではないか。

Instructional Designについての本をやっと1回目読み終わりました。時間がかかりましたが、得られるものは多かったので満足です。読んだ本はこちら。

www.amazon.co.jp


この15章にJiTTこと、Just in Time Teachingについて述べられています。JiTTについては、下のページ2つに説明がありますので、まずはお読みください。

○ #230 ジャストインタイムティーチング : LIFENAVI COACHING

○ 『学習者中心の教育を実現するインストラクショナルデザイン理論とモデル』 ひとり読書会 No.15「第15章 ジャストインタイム指導法のデザイン」 - 教育ICTリサーチ ブログ


JiTTとはずばり言うと?

上のページ読みました。結局は、予習して課題に答えちゃうって感じですか?

そうですね。教科書の〇〇ページを読んで、先生の質問にWebで答えるという感じです。

それ別にあんまり新しい方法じゃないような気もしますね。

おっと相変わらず核心を突きますね! 違いについて説明しましょう。

JiTTと従来の授業の違いは、事前にWebで課題を提出する点と課題が「簡単に調べることができないもので、自分の言葉で答えを書く、最適解や納得解を求めるもの」となっている点です。課題は例えば、高校レベルでは次のようになります。

これから扱うレッスン3はヘレン・ケラーについてです。ヘレン・ケラーは、様々な困難を乗り越えて、自分の道を切り開いていきます。あなたがこれからの人生で困難な状況に陥った際に、ヘレン・ケラーの人生のどのような部分を参考に困難な状況に立ち向かっていきたいと思いますか。教科書を読んで答えても、いま知っていることを基に答えても構いません。英語で説明してください。(これ、高校生対象に単元最初の授業を行う際はもう少し簡単な課題がいいと思いますが、ちょっといい例が思いつきませんでした。すみません)

JiTTといままでの方法との違いは、Webで提出してあるので、どのような答えが多いか、学習者がどのような背景知識を持っているか、何を学ぶべきかが先に分かるという点です(もちろん、課題によりますけど)。授業者は、生徒の回答を基に、背景知識などを先に把握して授業設計ができるという点がこのJiTTの良い点ですね。これ、紙で提出させてもいいんですけど、Webで提出すると集約がしやすい場合も多く、まとめやすいんですよね。紙△、Web○という感じです。つまり、時短ですね。

うーん、それだけですか?

実はそれだけではないのです。

個別最適な学びや協働的な学びにも最適

「令和の日本型学校教育」のキーワードは個別最適な学び協働的な学びです。詳しくは下をみてください。

catalyst-for-edu.org

今までは、生徒の背景知識や設問に対する答えは、授業でしかわかりませんでした。これは反転授業でも同じです。つまり、従来の授業や反転学習では、授業内容について、先生は今までの経験からこれぐらい分かっているだろうと授業を設計していたわけですね。でも、JiTTであれば、次の図のように、授業で生徒の反応をみて、Feedbackしやすくなります。

f:id:karishima:20210417105926p:plain

上記のように、JiTTではWebで回収できるので、あらかじめ生徒の回答を確認できます。そのため、生徒の理解度によっていろいろと対応できます。例えば、生徒の回答によって、授業内で扱う課題のレベルを分けたり(個別最適な学び)、全体的に分かっていないことを授業のメインとしてペア学習やグループ学習で扱ったり、同じ回答をした生徒をグループになるように組んだり(協働的な学び)とか、いろいろと学びを計画しやすくなるわけですね。まとめると下の図になります(従来の授業の図は、僕の高校時代の予習の際のイメージです(^^)/)

f:id:karishima:20210417080624p:plain

繰り返しになりますが、ずばりJiTTの良い点は、
○ 生徒のレベルに応じた準備ができる。
○ 生徒のレベルに応じた活動を導入しやすい。
の2点ですね。

JiTTはとても良さげに聞こえますが、問題点はないんですか?

あらー。さすがココロ先生、目の付け所がシャー○ですね。実はあります。

JiTTを行う上での課題

JiTTを行う上での課題としては、以下のことが挙げられます。

  1. 毎日行われる授業で毎時間行うと生徒も先生も割としんどそう。
  2. 記述式なので、選択式を組み合わせるなどの工夫が必要。
  3. 教員は授業設計に時間をこれまで以上に費やしそう。

1つ1つみていきましょう。

毎日行われる授業で毎時間行うと生徒も先生も割としんどそう。

中学校や高校では、授業が連日行われる場合もあります。その全ての授業でJiTTを実施すると、先生も対応するのが割と大変だし、空き時間がなくなる恐れがあります(事前に対応する必要があるので)。

これについては、「単元全体でJiTTを組み入れる」という考え方があります。ただ、これにはもう1つ「本質的な問い」と「永続的な答え」の考えを活用する必要がある(西岡・石井、2017)ので、また別稿で示します。

記述式なので、選択式を組み合わせるなどの工夫が必要。

Webの優れた点は、すぐに答えの収集と集約がしやすいという点です。そのため、選択式で答えを回収すれば、すぐに集計ができるので、どういう誤答が多いか判断しやすく、またそれに応じた授業がしやすいですよね。このJiTTでは、上に書いたように、課題が「簡単に調べることができないもので、自分の言葉で答えを書く、最適解や納得解を求めるもの」となっています。しかし、記述式は集約がしにくいので、集約をするのに時間がかかります。なので、選択式を適宜取り入れて集約がしやすいようにGoogle Formsを使うのと同時に、記述式はmentimeterを使ってワードクラウドを作るなどの方法を取り入れるなど、とにかく工夫が必要です。

教員は授業設計に時間をこれまで以上に費やしそう。

あとこれが1番の課題だと思うのですが、授業前にこれまで以上に準備が必要です。授業デザインをしっかりとできる分、手間が増えます。上のように集約をプログラムやアプリでできる場合には、使う(mentimeter以外にも、例えばKHcoderなども使えるかもしれません)などの工夫を行う必要があります。ただ、授業中はちゃんと設計すればするほど、先生の時間が余ります。例えば、これまで予習のチェックや回収などをしていた時間、さらに生徒の反応を確認してから説明した時間などが減ります。理想では、授業の余った時間を形成的評価に回すことですが、うーん、どうでしょう。やってみないとわかりませんね。

なるほど。やはりインストラクショナルデザイン(ID)の1つと考えられていることもあって、JiTTを導入すると、これまでとは異なる方法で教えるので、授業の流れなどについての考え方も変えていく必要もあると言うことですね。

そうですね。IDの考えを取り入れるとこれまで以上にいろんなことが最適化・精緻化していく部分はあるので、無駄がなくなることもあります。ただ、「授業中の無駄話も結構好き」という生徒もいるので、いろいろとバランスをとっていく必要はあるでしょうね。

ということで、JiTTについてちょっと書いてみました。現在自分では実践できないので、一緒に実践されたい方がいらっしゃったらぜひ教えてください。

では現場からは以上です。さりゅー!

ほんわかオンライン読書会「教科書をハックする」を振り返って

「教科書をハックする」のオンライン読書会を実施しました。楽しかったです。参加してくださった方も10名ほどいて、ずっと全大会でみんなでお話ししながら進めることができました。参加してくださった方々に感謝しています。
気がつけば、あれから1週間たち、(これ以上忘れないうちに)短めに振り返ってみたいと思います。

まず、読書会のテーマとなった本はこちら。レントさんが書かれた本です。
www.amazon.co.jp

続きを読む

英語教育 2021年4月号

英語教育の4月号が届いたので読みました。今度は最初からアウトプットするつもりで読んでましたので、読み方ががらりと変わりました。アウトプット偉大ですね。下で述べている記事以外にも興味深いことが書いてあるものもあるのですが、とりあえず特に気になった記事について書きます。

英語教育4月号のレビューです。

続きを読む

松井先生の講義をまずは受講してみてはどうか

タイトルは松井先生のブログへのオマージュとして。

tmrowingさんこと、松井先生が文字指導の講義をされていたので、参加しました。今回はその講義の感想です。端的に言えば★★★★★でした(もちろん、五つ星で満点です)。オススメです。

あれから1週間経ったいま、松井先生の文字指導のワークショップに参加した、その余韻を楽しんでいるところです。思えば先生のブログのエントリ「ライティング指導の第一歩は文字指導から。」を読んだのも、もう5年ぐらい前のこととなります。早いものです。

ブログ記事はこちらです。
tmrowing.hatenablog.com

では、講座内容の感想を書きます。

続きを読む

電子辞書か紙辞書か(授業の悩みシリーズ2)

こんにちは。授業の悩みシリーズ第2弾「電子辞書か紙辞書か」です。これもよく聞かれる質問なんですよね。あくまでも個人の見解ですので、ご理解してお読みください。

具体的には、高校向けで「電子辞書と紙辞書のどちらがいいの?」「そもそも辞書ってどう使うんですか?」などにどう答えるかを書いていきます。
内容は

  1. 辞書の使い方について考えよう。
  2. 辞書使用の効果
  3. 辞書をなぜ使うのか

の3本です(またもやサザエさんか!?)。

辞書の使い方について考えよう。

まず辞書の使い方について考えます。まずそもそも辞書を使うかどうか。「辞書って使うでしょ」と先生方は無意識に思いますよね。でも、中学校の教科書では巻末に単語が意味と一緒に載っています。また高校でも単語一覧を配布する場合もあるかもしれません。辞書を買わせても、明示的にしっかりと使い方を示してないケースもあると聞いています。そういう場合は、「ケータイで単語の意味が分かるのだったら、辞書いらなくない?」と生徒は思うかもしれません。

どんな時に生徒は辞書を使いたくなるんですかねー?

おっと採用2年目で元気溌溂なココロ先生! 今回から登場ですね! そうですね、次の2つですかね?

  1. 読んでいる時に意味の知らない単語に出会って、意味を知りたくなった。
  2. 英語で書いている時に、英語でどう言えばいいのか知りたくなった。

簡単に言えば、この2つではないでしょうか。これ、簡単に言うと、英和と和英ですね。ではもうちょっと深く考えていきます。

辞書使用の効果

辞書を引くときに生徒が期待しているのは、単語の意味を知ることです。「意味がわかれば、この文が理解できる」と思うのですね。そしてその先には、「この文が理解できれば、文章全体の意味及び意図が理解できる」との期待があるのではないかと思います(でも残念ながら、意味理解はそんなに簡単なものではないのですが・・・)。

教える立場からもいろいろな期待がありますよね。生徒が辞書を活用する際に先生たちが期待していることは何でしょうか。

なかなか良い質問ですね。これも分析的に考えてみましょう。次のようなことではないでしょうか?

  • 単語の意味を知る。
  • 発音を知る。
  • 単語の品詞を知り、複数の意味を知る。
  • 例文を読み、語の使い方を調べる。
  • 語彙の学習及び定着につながる。

なるほど。この辺り実際どうなんでしょうか?

先生方は、辞書を使った時に意味を知るだけでなく、付随的に調べた単語の学習を深めて、さらに定着につながることを期待していますね。

うーん、生徒は実際にそんなに深く調べてますかね?

どうでしょう。研究結果をみた方が早そうですね。

というわけで、研究結果をみてみたいと思います。次の2つはどうでしょうか。寺嶋(2005)と米崎(2016)です。寺嶋(2005)はちょっと古いですが、辞書を使う時の反応などに2005年と現在で違いがあるとは思えないので、そのまま参考になると思います。

  1. 寺嶋, 健. (2005). 「英語教育における電子辞書事情 : 先行研究を概観して」(クリック) 言語文化研究, 25(1), 55-71.
  2. 米崎, 啓. (2016). 電子辞書と紙辞書の比較研究 : 検索速度と使用方法について(実証研究,第45回中部地区英語教育学会和歌山大会)(クリック). 中部地区英語教育学会紀要, 45, 111-118. https://doi.org/10.20713/celes.45.0_111

寺嶋(2005)は59ページの「電子辞書に関する実証研究の詳細と結果一覧」が参考になりますね。検索速度、適語到達正答率、定着・保持、読解の4点でまとめています。

検索速度で差が出ていますが、適語到達や定着、読解の差はなさそうですね。

そうですね。検索速度は差が出るけど、他は変わらずという結果が多いように見えますね。

米崎(2016)はどうでしょうか。p.117の考察とまとめが参考になりますね。例文検索の頻度に差がなかったりとかいろいろと興味深い結果が出ていますね。電子辞書か、紙辞書かという議論はいまだに出てきますが、Shizuka(2003)(クリック)が述べているとおり、辞書を使う心理的負担感が高くない電子辞書に分があるのかもしれませんね。

結局はどちらでも生徒は主に単語の和訳を確認という感じですか。

大まかにはそうですね。使い方が同じならやはり検索速度と携帯性、ジャンプ機能などが優れた電子辞書の方に人気が出るでしょうね。

じゃ、電子辞書ですね!

うーん、でもそう言い切るのは早いと思うのです。

どういうことですか?

さあ、どういうことでしょうか。さらに考えを深めてみたいと思います。

辞書をなぜ使うのか

電子辞書か、紙辞書かという話題も大事ですが、もっと大事なのは、なぜ辞書を使うべきなのかということだと思います。上の参考文献にも掲載されていますが、使う場面によって活用したい辞書の機能は色々と異なります。例えば読むときには、本文に集中させたいので、辞書を引くのは必要最低限に抑えて欲しいし(辞書に夢中になると話の筋を忘れてしまいますよね)、単語を集中的に学ぶ際には、品詞や発音まで押さえて欲しくなります。こう書くと、結構先生から生徒に求めるレベルは高いですね(^^;。

でも、その前に自戒を含めて書きますが、辞書を引く際に品詞や発音をなぜちゃんと押さえて方がいいのかなど、説明せずにただ生徒に期待している場合も多いのではないでしょうか。センゲの「推論のはしご」(クリック)じゃないですが、勝手に期待して勝手に裏切られて怒っちゃう人も出てくると思うので、ここは大事なポイントかもしれません。

また、Webを使えば、さらに効率的に学ぶこともできますね。そのあたりも含めて、生徒にしっかりと説明すべきではないかと思うのです。

もっと具体的に知りたいです!

そ、そうですよね。じゃ、少しだけ。

ということで、もう少しだけ考えてみます。生徒が知りたいであろう(先生から見れば、説明すべき)項目を挙げてみます。

  1. なぜ品詞を確認した方がいいの?
  2. なぜ発音を確認した方がいいの?
  3. 絶対覚えるべき単語はどれ?
  4. 英英辞典も使うべきってよく聞くけど、どうして?
  5. なぜ例文も確認した方がいいの?
  6. 辞書はどういう使い方をしたら、効率的に勉強できるの?
  7. 辞書と同時に活用した方が良いWebサービスはどんなのがあるの?
  8. インターネット上にもたくさん辞書あるけど、電子辞書や紙辞書って使うべきなの?

これらの項目については、オリエンテーション等で生徒に伝えて、生徒が自分で考えながら辞書や様々なサービスを目的や用途に合わせて使うようになればいいですね。

でも、これ、全部説明できないです・・・。

あらー。今回は時間がなくなってしまったので、また時期をみて尋ねてください。なお、学習指導要領p.134の配慮事項のところに「中学校で身に付けた使い方を基礎として,辞書を効果的に活用できるようにすること」と書いてあるので、これは研鑽を積みたいところでもありますね。

了解です。がんばります!

というわけで、辞書1つにとってもいろいろとあるなあと思う次第でした。現場からは以上です。さりゅ!

個別最適な学びと協働的な学び、そしてICT

今日の気になったサイトです。

(1)カタリストというサイト

カタリストというサイト。Catalystといえば、触媒。このサイトは、非常に分かりやすいinfographicsを示してくれている。例えば、評価については、下記のようなpdfを示してくれている。
catalyst-for-edu.org

このサイトが今回出してくれて、分かりやすいのはこれ。「令和の日本型教育」。やっぱりちゃんと通知を読まないとだけど、通知の中で示されたものの中には反省すべきことも多々ある。
catalyst-for-edu.org

今回、特に注目したいのは、これだ。
https://catalyst-for-edu.org/wp-content/uploads/2021/03/%E4%BB%A4%E5%92%8C%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9E%8B%E6%95%99%E8%82%B2_%E7%AD%94%E7%94%B3-12.png

個別最適な学びと協働的な学びの往還。それを可能にするのはICT。というわけで、ICTについて。

(2)教育ICT利活用の目的 9類型

では、ICTはどんな風に使えるのか? そう思っていたら、教育ICTリサーチ ブログが9類型にまとめてくれていた。特にこのサイトの最後の図でまとめられるが、ICTは先生が使う授業支援ツールなのか、生徒が使う思考・表現ツールなのか。特に類型7を中心に、昨日書いた「システム思考」で読み解いていきたい。

blog.ict-in-education.jp

(3)文科省「外国語の指導におけるICTの活用について」

外国語の指導におけるICT活用についても文科省がまとめてくれている。

動画は下にあるとおりだが、pdfでちゃっちゃか見たいという人は、こちらをクリック。コロナ禍において外国の訪問が難しい中、外国の生徒とどのように交流させるかという点については、計画的に行わないと難しいと感じる。昨日紹介したリクルート総研のCareer Gaidanceでは堀尾先生の記事(クリック)が掲載されていて、この記事でも外国との交流について書かれている。同時にCEFR-Jで公開されている「オンデマンド・研究実践発表動画」(クリック)でも目白研心中学校高等学校の水野先生の動画にヒントがある(発表内容もとても興味深い)。こちらも合わせてみればいいのではないかと思う。

1) 文科省「外国語の指導におけるICTの活用について」
www.youtube.com

2) 米原高校堀尾先生の記事
souken.shingakunet.com

3) CEFR-Jの水野先生の動画
www.youtube.com

現場からは以上です。

「創造的思考力を育てる書かない小論文指導」を読まない。

題は冗談です(笑)。「創造的思考力を育てる書かない小論文指導」読了。リクルートのCareer Guidanceに載っていた神崎氏の記事。下のリンクから読むことができる。ちょうど、論理性についてどう教えるか考えている時だったので、タイムリー。

個人的には、第3回ぐらいから面白くなった。第3回のキーワードはバックキャスティング、テトラッド。そして第4回は、「知ってるつもり 無知の科学」、第5回はシステム思考、最終回は因果ループ図、スペキュラティブデザイン、アブダクション仮説と訳のわからない用語でいっぱいだが、システム思考につながる用語。つまり、この連載では小論文指導とあわせてシステム思考についても情報を得られる。小論文指導といっても、大人に関して言えば、それを活用して問題解決に当たれるので、知って損はない。それぞれちょっと感想を述べます。

souken.shingakunet.com

続きを読む