松井先生の第3弾を受けてみた!

親愛なるtmrowingさんこと、松井先生のセミナーを受講しました。先生のセミナーは、文字指導の初級、中級に続く第3弾です。

今回は、「名詞は四角化で視覚化」 を体系的に実感できる三省堂の「チャンクで積み上げ英作文」と関連の深いセミナーでした。ワニの口といえば、ご存知の方も多いのではないかと思います。受講者として期待しているのは、また新たな「視点」を得ることができるのではないかということでした。長年、先生のブログを愛読して、もう20年は経つのではないでしょうか(最近では、「高校生から松井先生のブログを読んでいて、そして先生(これは私のことです)の名前もたまに見かけていました」という衝撃的な言葉もありました)。そんな割とDeepな(と自分では思っている)読者でも新たな視点は得られるのか?と思われるかもしれません。が、受講してみて、決して裏切られることはなかったというのが正直な感想です。やはり、Twitterやブログの文字上で追いかけていても、御本人の肉声から語られる言葉に勝るものはないと感じました。

さて、現在「共通テストの文字数が増えた。だから速読だ!」などの声が上がることもありますが、速読を練習すれば、読める「目」を有する事が可能なのか、というのが正直な思いです。自分自身は現場を離れ2年程度経ちますが、離れて思うことは、決して速読に取り組んだからといって読む「目」が育つわけではないということです。言葉をいかに大事に捉えて、地道に丁寧に取り組んでいくか、その姿勢が大事だと思います。確かに、受験生にとっては英語は多くある教科の1つです。そのため、効率良い学び方を生徒は求めるかもしれません。しかし、英語を学ぶことにおけるプロとして、しっかりと学び方を教えていくというのは大事なことではないでしょうか。

松井先生の2時間の講義はこのようなことを、改めて感じさせるものでした。私自身が松井先生に最初に感じた感想ーthe teachers’ teacherであり、言葉を選ばずにフランク人的率直さをもって言えば、燻銀的な職人を思わせる方ーというのは、やはり間違いではなかったと思います。

ちょっと話がずれましたが、共通テストの文字数が増えたということは何を意味しているのでしょうか。難しい英文が増えたのでしょうか。いえいえ、総語数におけるB2/C1程度の構文等の割合や文あたりの単語数の割合は変わらないはずです。実際調べてみましたが、今年度の共通テストの第6問Bの本文とR2のセンター形式の第6問の本文を比較すると、下記のようになります。

    語数  文  語数/文
共テ 530 34 15.5
セン 569 34 16.7

つまり、あまり変化していません。しかし共通テストはこれが第6問Bなので、当然Aもあります。このようなそれぞれが割と長い文(1文あたり、16語ぐらいあるものは長くないですか?)で構成されている英文を子供達は、共通テストではより多く読むわけです。

さて、英文は基本的には、SVOでできていると考えてみましょう。She drinks coffee.などはSVOです。3語ですよね。SVOCになっても、4語です。ではどうすれば15語程度の英文になるのか。動詞に注目すると熟語!となりますが、look forward toなどを考えても3語、had been -ingでも3語で、動詞を複雑化したわけでもなさそうです。ではどうして長くなったのか、と考えると、名詞句や副詞句、前置詞句や節で英文が長くなっているのではないかと考えられるわけです。

そうして考えると、英文を教える上で、「きちんと名詞句や副詞句、前置詞句をきちんと授業で扱っているか」という問いにぶつかります。そこで凡人である自分などは「はっ」とし、姿勢を正したりするわけです。そして、これは松井先生の先見性ということになると思いますが、その問いの答えとしての、ずっと松井先生が教えられてきたことをまとめて作られた冊子の中身を拝見して、なるほどなるほど!と思いながら講義を受けていくわけなのです。

松井先生からは、もしかしたら怒られるかもしれませんが、ちょっとだけネタばらし(spoiler!)をしてしまうと、私自身は関係詞のところで、心を最も動かされました。関係詞は、当然ながら先行詞を修飾しますが、同じような機能を例えば不定詞も分詞も持っています。では、不定詞や分詞を用いるべき時と、関係詞を用いるべきときの違いを明確に生徒に述べているでしょうか。言い換えれば、関係詞という機能を我々人類は廃棄せずに、何故今もなお継続して活用しているのか、はっきりと述べることができるでしょうか。

私は、生徒にしっかりと名詞修飾の様々な方法を区別しつつ指導を行っていなかったことに対して、頭を叩かれた感がしました。そしてさらに「関係詞を使ってまで表現する意味のある内容を扱っているのか。つまんないこと書かせてないか」という松井先生の言葉に完全にやられました。

みなさんはどうでしょうか。不定詞と関係詞、それぞれでできることとできないことを明確化されていますか。そして内容のあることを書いたり読んだりするよう、生徒と一緒に学んでいるでしょうか。松井先生はどのような文例などを生徒に示し、学びを深めさせるかについて、今回の教材を通じて示されていると思います。

実は松井先生は、毎日惜しげもなく毎朝早くから(おそらく3時や4時ぐらいから)集めてらっしゃるニュースメディアの英文の文例やGloWbe, NOWコーパスTweetされています。今回の冊子もまた、その結果を基にした英文を提供されています。

なぜそんなに日々の努力の賜物ともいえる、高いレベルの英文を提供することを、松井先生はご自分に求めていらっしゃるのでしょうか。いつかSNS上だったか、松井先生は若い時の自分自身へのメッセージであるという内容を示されていたと思います。きっと先生は若い頃の自分自身に対して、本当の英文、意味のある英語というものを示し、「こんな世界があるんだよ」ということを教え続けてらっしゃるのではないかと思います。

このようにして作成されたものなので、先生が2冊の教材で示しているもの(世界)は、すぐ分かるような易しいものですかと問われると、そうではないと答えざるを得ません。しかし、先生は優しいですかと問われると、そうですよと僕は答えます。

松井先生は、この教材を通して、高校生には、まだ見えない、見えていない地平線を示し、遠くが見えるための方法、つまり英文を読む、書くための方法を、ワニや四角を使って示して下さっていると僕は思うのです。うんうん、うなって考えつつ、諦めずにワニや四角での英文の読みを続けていると、その先にある読解、英作文に至るのです。それは、ぱっとすぐにできる方法ではなく、示したやり方で登っていけばそのうちにちゃんと見える、しかも遠くまで見える、世界の見方や視点を得る方法ですから、易しくはありません。でもそこで扱われる英文の質やその英文から学べることに先生の優しさは見えると思うのです。

そんなことを感じつつ、個人的にまた楽しんだ(!?)2時間でした。なお、この教材、まだ市販はされていません。そのため、学校関係者以外は見ることはできませんが、もし少しでもその片鱗を感じたい方がいらっしゃったら、ぜひ先生のnoteやSNSをフォローされてみてください(この講義を受けられるのが一番早いですが、教材が欲しくなるというアンビバレントな状況になります)。Tweetでは、謎の「現実味のcould」などの言葉に触れることができます(そしてその意味もフォローを毎日続けることで、少しずつわかってきます)。

では今回は、松井先生の講義「第3弾」!を受けてみた、でした(ここまで書いて気づいたのですが、文字の中級編の感想を書くのを失念していますね。あらー)。

Microsoft teamsでの音読の課題の出し方について

Microsoft teamsでの音読の課題の出し方について、結構反響があったので、課題の出し方を書いてみたいと思います。

1 最初にやること(チームの作成)

まずMicrosoft teamsのインストールするとか、アプリを立ち上げるとか、その辺りは省略します(^^)/。この説明では、macを使ってやっています。最初、iPhoneiPadで試してみたのですが、よく分からなかったので、PCで行いました。だからこの説明もPC(mac)を使って課題を出すやり方を示したいと思います。

最初に行うことは、チームを作ることです。下の画面で、右上にある「チームに参加/チームを作成」ボタンを押してチームを作ります。

f:id:karishima:20211121062946p:plain
最初の画面

次のような表示になるので、「チームを作成」ボタンを押します。

f:id:karishima:20211121063310p:plain
最初の画面2

課題を出すには、「クラス」を選択する必要があります。左上の「クラス」を選んでください。クラスを選ぶと、その名前と説明を入力するよう促されます。適当に名前を「3−1英語」などと入力し、説明には「3ー1の英語です」などと入力してください。後で変更もできると思いますので、適当で構いません。

f:id:karishima:20211121063409p:plain
最初の画面3

その後で、メンバー(生徒)を追加する画面になりますが、これもスキップしても大丈夫です。自分で自分に試したいときには、ここにmicrosoft teamsで使っているアドレス以外(自分のyahooアドレスやgmailアドレス等)の携帯電話等のメールアドレスを入れておけば、後で試すこともできます。

f:id:karishima:20211121063609p:plain
最初の画面4

すると、下の画面になります。まずは左側の「課題」や「チーム」などを押して、teamsがどういう構成になっているのか確認されてもいいかもしれません。

f:id:karishima:20211121063845p:plain
最初の画面5

2 2番目にやること(課題の作成)

次に課題を作成します。左側のメニューの「チーム」を選び、下のような画面にします。

f:id:karishima:20211121064606p:plain
2番目の画面1

画面中央下に「作成」ボタンがあるので、押しましょう。すると下のように「課題」か「クイズ」か選択できます。ここでは、「課題」を選びます。

f:id:karishima:20211121064728p:plain
2番目の画面2

「課題」を押すと、次の画面に移ります。1つずつ説明します。

f:id:karishima:20211121064850p:plain
2番目の画面3
  1. まず「タイトル」を入力します。「音読しよう!その1」などと課題名をつけてください。
  2. 「手順」は、生徒に表示される説明です。実際には「1 Lesson 4のPart1のQRコードを携帯電話等で読み込み、音声をききます。(改行)2 教科書をみながら、音読をします。(改行)3 何度か練習をしたら、録音してください。」などと生徒への指示を書くことになります。今回試すだけであれば、対象は自分なので、「読め!」ぐらいでいいかもしれません(^^)/
  3. 音読の課題にするには、この手順の下のクリップボタンがある「添付」を必ず押す必要があります。ここで音読の指示を出すことができますが、音読の課題の出し方は、この入力項目の説明の後で書きます)。
  4. 「点数」には、生徒に与える点数をいれます(音読の上手さ(発音等を間違えたり、読み間違えずに最後まで読んでいる)3点(4段階)+流暢さ(時間制限(40秒以内)をつけて、その時間内に終わっている)1点+期日までの提出1点=5点満点)などと考えて、決めます)。今回は別に必要ないので空欄で大丈夫です。
  5. 「割り当てるユーザー」は、割り当てたい生徒を選びます。これも実際には設定が必要ですが、今回は変更の必要はないです。
  6. 「期日」は締切です。これも実際には設定が必要ですが、今回は変更の必要はないです。

以上入力を確認したら、上の3番目に書いた「添付」を押します。すると下の選択肢が出てきます。「音読の練習」を選びましょう。

f:id:karishima:20211121070917p:plain
2番目の画面4

「音読の練習」を選択すると下の画面になります。「WordまたはPDFのアップロード」「サンプルライブラリを参照する」と2つのボタンがあります。教科書等の音読を課す場合には、「WordまたはPDFのアップロード」を選びます。「サンプルライブラリを参照する」を選んでも楽しいです。

f:id:karishima:20211121071319p:plain
2番目の画面5

ここまでくれば大体終わりです。あとは、自分で自分に出して、生徒がどういう感じになるのか、また生徒から提出された場合、どのように点数を返すかなど、アカウントの移動を行わないといけないので忙しいですが(^^;、自分で自分に課題を課せば確認することができます。下の画面は提出された課題を確認している画面です。これは自動採点された画面です。

f:id:karishima:20211121071628p:plain
2番目の画面6

例えば、itsがいま赤くなっていますが、きいてみると、ほぼ発音しておらず飛ばしているように聞こえます。またnowは、もともとの英文になかったのを入れてしまっているような感じです。下の画面のように、この自動採点が行われた後で、単語の上で右クリックをして自動検出では指摘されていなかった間違えている箇所を指摘したり、または間違いとされているけれども、指摘を消去するなど、変更することも可能です。

f:id:karishima:20211121072204p:plain
2番目の画面7

というわけで、ちょっと説明に疲れてきましたが(^^;、Microsoft Teamsの「音読の練習」の課題の出し方の説明でした。この課題を出すと、生徒は何度も何度も練習して、一番良いものを提出すると思います。改めて確認することもないと思いますが、この何度も何度も読むということは、すごく英語学習には大事なことです。でも、音読をさせて、もっと英語ができるように子供たちを指導したいけど、子供たち全員の確認を行う時間がなかなか取れないし・・・と悩んだりしますよね。そんな先生方のちょっとした手助けになる機能ではないかと思います。こういう使い方もあるよ、などと発見された方はまた教えていただけると助かります。

DeepLとWordtuneと。

柳瀬先生のサイトで知ったWordtune.(柳瀬先生のサイトは↓)
英語教育の哲学的探究3: Wordtuneで、ある英文の10通りの表現法を生成し、表現の幅を広げる + AI時代の英語学習について

柳瀬先生が書かれているとおり、DeepL+Wordtuneがあれば何も怖くない、いや、逆に怖いっす。1文レベルであれば、ほんとこれでOK。

f:id:karishima:20210602062812p:plain

JiTTって結構いいのではないか。

Instructional Designについての本をやっと1回目読み終わりました。時間がかかりましたが、得られるものは多かったので満足です。読んだ本はこちら。

www.amazon.co.jp


この15章にJiTTこと、Just in Time Teachingについて述べられています。JiTTについては、下のページ2つに説明がありますので、まずはお読みください。

○ #230 ジャストインタイムティーチング : LIFENAVI COACHING

○ 『学習者中心の教育を実現するインストラクショナルデザイン理論とモデル』 ひとり読書会 No.15「第15章 ジャストインタイム指導法のデザイン」 - 教育ICTリサーチ ブログ


JiTTとはずばり言うと?

上のページ読みました。結局は、予習して課題に答えちゃうって感じですか?

そうですね。教科書の〇〇ページを読んで、先生の質問にWebで答えるという感じです。

それ別にあんまり新しい方法じゃないような気もしますね。

おっと相変わらず核心を突きますね! 違いについて説明しましょう。

JiTTと従来の授業の違いは、事前にWebで課題を提出する点と課題が「簡単に調べることができないもので、自分の言葉で答えを書く、最適解や納得解を求めるもの」となっている点です。課題は例えば、高校レベルでは次のようになります。

これから扱うレッスン3はヘレン・ケラーについてです。ヘレン・ケラーは、様々な困難を乗り越えて、自分の道を切り開いていきます。あなたがこれからの人生で困難な状況に陥った際に、ヘレン・ケラーの人生のどのような部分を参考に困難な状況に立ち向かっていきたいと思いますか。教科書を読んで答えても、いま知っていることを基に答えても構いません。英語で説明してください。(これ、高校生対象に単元最初の授業を行う際はもう少し簡単な課題がいいと思いますが、ちょっといい例が思いつきませんでした。すみません)

JiTTといままでの方法との違いは、Webで提出してあるので、どのような答えが多いか、学習者がどのような背景知識を持っているか、何を学ぶべきかが先に分かるという点です(もちろん、課題によりますけど)。授業者は、生徒の回答を基に、背景知識などを先に把握して授業設計ができるという点がこのJiTTの良い点ですね。これ、紙で提出させてもいいんですけど、Webで提出すると集約がしやすい場合も多く、まとめやすいんですよね。紙△、Web○という感じです。つまり、時短ですね。

うーん、それだけですか?

実はそれだけではないのです。

個別最適な学びや協働的な学びにも最適

「令和の日本型学校教育」のキーワードは個別最適な学び協働的な学びです。詳しくは下をみてください。

catalyst-for-edu.org

今までは、生徒の背景知識や設問に対する答えは、授業でしかわかりませんでした。これは反転授業でも同じです。つまり、従来の授業や反転学習では、授業内容について、先生は今までの経験からこれぐらい分かっているだろうと授業を設計していたわけですね。でも、JiTTであれば、次の図のように、授業で生徒の反応をみて、Feedbackしやすくなります。

f:id:karishima:20210417105926p:plain

上記のように、JiTTではWebで回収できるので、あらかじめ生徒の回答を確認できます。そのため、生徒の理解度によっていろいろと対応できます。例えば、生徒の回答によって、授業内で扱う課題のレベルを分けたり(個別最適な学び)、全体的に分かっていないことを授業のメインとしてペア学習やグループ学習で扱ったり、同じ回答をした生徒をグループになるように組んだり(協働的な学び)とか、いろいろと学びを計画しやすくなるわけですね。まとめると下の図になります(従来の授業の図は、僕の高校時代の予習の際のイメージです(^^)/)

f:id:karishima:20210417080624p:plain

繰り返しになりますが、ずばりJiTTの良い点は、
○ 生徒のレベルに応じた準備ができる。
○ 生徒のレベルに応じた活動を導入しやすい。
の2点ですね。

JiTTはとても良さげに聞こえますが、問題点はないんですか?

あらー。さすがココロ先生、目の付け所がシャー○ですね。実はあります。

JiTTを行う上での課題

JiTTを行う上での課題としては、以下のことが挙げられます。

  1. 毎日行われる授業で毎時間行うと生徒も先生も割としんどそう。
  2. 記述式なので、選択式を組み合わせるなどの工夫が必要。
  3. 教員は授業設計に時間をこれまで以上に費やしそう。

1つ1つみていきましょう。

毎日行われる授業で毎時間行うと生徒も先生も割としんどそう。

中学校や高校では、授業が連日行われる場合もあります。その全ての授業でJiTTを実施すると、先生も対応するのが割と大変だし、空き時間がなくなる恐れがあります(事前に対応する必要があるので)。

これについては、「単元全体でJiTTを組み入れる」という考え方があります。ただ、これにはもう1つ「本質的な問い」と「永続的な答え」の考えを活用する必要がある(西岡・石井、2017)ので、また別稿で示します。

記述式なので、選択式を組み合わせるなどの工夫が必要。

Webの優れた点は、すぐに答えの収集と集約がしやすいという点です。そのため、選択式で答えを回収すれば、すぐに集計ができるので、どういう誤答が多いか判断しやすく、またそれに応じた授業がしやすいですよね。このJiTTでは、上に書いたように、課題が「簡単に調べることができないもので、自分の言葉で答えを書く、最適解や納得解を求めるもの」となっています。しかし、記述式は集約がしにくいので、集約をするのに時間がかかります。なので、選択式を適宜取り入れて集約がしやすいようにGoogle Formsを使うのと同時に、記述式はmentimeterを使ってワードクラウドを作るなどの方法を取り入れるなど、とにかく工夫が必要です。

教員は授業設計に時間をこれまで以上に費やしそう。

あとこれが1番の課題だと思うのですが、授業前にこれまで以上に準備が必要です。授業デザインをしっかりとできる分、手間が増えます。上のように集約をプログラムやアプリでできる場合には、使う(mentimeter以外にも、例えばKHcoderなども使えるかもしれません)などの工夫を行う必要があります。ただ、授業中はちゃんと設計すればするほど、先生の時間が余ります。例えば、これまで予習のチェックや回収などをしていた時間、さらに生徒の反応を確認してから説明した時間などが減ります。理想では、授業の余った時間を形成的評価に回すことですが、うーん、どうでしょう。やってみないとわかりませんね。

なるほど。やはりインストラクショナルデザイン(ID)の1つと考えられていることもあって、JiTTを導入すると、これまでとは異なる方法で教えるので、授業の流れなどについての考え方も変えていく必要もあると言うことですね。

そうですね。IDの考えを取り入れるとこれまで以上にいろんなことが最適化・精緻化していく部分はあるので、無駄がなくなることもあります。ただ、「授業中の無駄話も結構好き」という生徒もいるので、いろいろとバランスをとっていく必要はあるでしょうね。

ということで、JiTTについてちょっと書いてみました。現在自分では実践できないので、一緒に実践されたい方がいらっしゃったらぜひ教えてください。

では現場からは以上です。さりゅー!

ほんわかオンライン読書会「教科書をハックする」を振り返って

「教科書をハックする」のオンライン読書会を実施しました。楽しかったです。参加してくださった方も10名ほどいて、ずっと全大会でみんなでお話ししながら進めることができました。参加してくださった方々に感謝しています。
気がつけば、あれから1週間たち、(これ以上忘れないうちに)短めに振り返ってみたいと思います。

まず、読書会のテーマとなった本はこちら。レントさんが書かれた本です。
www.amazon.co.jp

続きを読む

英語教育 2021年4月号

英語教育の4月号が届いたので読みました。今度は最初からアウトプットするつもりで読んでましたので、読み方ががらりと変わりました。アウトプット偉大ですね。下で述べている記事以外にも興味深いことが書いてあるものもあるのですが、とりあえず特に気になった記事について書きます。

英語教育4月号のレビューです。

続きを読む