オンライン授業に移行するときの覚書

コロナウイルスの関係で、これまで対面授業だけしてきた高校でもオンラインで学びを続ける方法を考えないといけないと個人的に感じています。休校のときに見えてきたことを考えながら、いくつかまとめてみたいと思います(なお、これはあくまでも個人的な考えに過ぎないのでご注意下さい)。

このエントリから
オンライン授業のやり方(クリック)
オンライン授業に関するリンク(クリック)
と2つのエントリに分けてますので、そちらもご覧ください。

【4/18 update分】

以下のことをupdateしました。

  1. zoom等を利用した通信量について
  2. 著作権法の変更について
  3. オンライン授業のやり方については別エントリに分けました。

考慮すべき条件など

相手が高校生ということ、さらに学校がこれまで携帯電話の持ち込みや使用を禁止してきた学校もあることを考えて、次のような条件が必要だと考えました。

  1. 環境調査を必ず行う。様々なことを行うにしても、生徒の状況が分からないとうまく対応できません。登校日のアンケート、Classi、 Google form等を使って、生徒の(1)インターネットに常時接続できる機器の有無、あるとしたら何か(ガラケーかsmart phoneかタブレットかPCか)、(2)その機器は自分専用か、親や兄弟と共有か。(3)もし機器がないとしたら、FAXやメールが使えるかどうか(使えなければ電話か郵送しかない)、(4)常時使えるWifiの有無などを聞いて実態を把握しておく必要があります。アンケート例はこちら。
  2. できるだけ「枯れた技術」を使う。「枯れた技術」は安定していて、みんなが使えるメールとか、メッセージとか、結構普段から使っている技術とのことです(枯れた技術 - Enpedia)。新しい技術は、得意な人もいれば、苦手な人もいます。学校全体で導入することを考えると、できるだけみんながこれまで使っているシステムを使う方が良いかもしれません。Zoom, Edmode, Google Classroomも個人的に好きですが、プライバシー上の問題などが報道されている例もあります。比較的新しい技術はできる人にまかせておいて、しばらくしてからみんなが使えるようになればいいねという感じですね。
  3. 通信量を抑えるようにする。動画ではなく、メールやライン、メッセンジャー等の活用をメインにします。高校生の全員がwifiを無制限に使えるわけではありません。高校生も50GB使えるケースもありますが、みんながそうとは限らないので、できるだけ通信量を抑えるよう、工夫した方が良いです。【4/16注記】 ZOOMで1時間授業を行うとだいたい送受信量は200MBみたいです。なので、200MB x 6コマ x 20日と仮にすると、だいたい1ヶ月で24GBぐらいかもしれません(かなりアバウトなので、必ずご自分でご確認ください。詳しくは「オンライン講義の通信量」に述べられています)。
  4. 共通パスワードを設定しておく。様々な文書等を配るとき、動画を配信するときにパスワードが必要になることがあります。学校全体で同じパスワードを使うことを発表しておくといいです(Reiwaとか簡単なものが良いが、自己判断で。)
  5. 環境づくりの際に、全員が参加できる状況になるまで待たないコロナウイルスが出てきて、突然教える状況が変わったので、とりあえずは8割が参加できればという感じで環境を作っていくのがいいと思います。完全なシステムは急にはできません。もちろん条件が揃わず参加できない生徒もいることを常に考慮して(そのうち、パケ制限がかかる生徒も出ることが予想される)、電話や郵送等での対処等のオプションなどを用意して進めれば良さそうです。これまでの経験では、そのうち徐々にいろいろと進み、みんなが参加できるようになっていくと思われます。
  6. 資料はPDFで配布するiPhone等の生徒が多いことを考えると、PDFで公開するのが一番生徒にfriendlyになります。wordとかの文書をそのままダウンロードするのは厳しいと思われます。
  7. 動画は3分から5分。それ以上は通信量が多くなり、生徒も集中できません。1つの教科・科目ならいいですが、全教科で長い動画を毎日発信すると、50GBでも足りなくなると思います。
  8. 生徒はずっとこっちをみていない、集中していないだろうと思っておく(授業ではいちおう聞いてくれますが、家だと他のことをし始めたりします。自分もそうですけど)。動画や課題の配信をしても、生徒は電話があれば電話に出るし、家族から呼ばれれば、そっちに注意が削がれます。家にいれば、それぞれの事情がある。生徒の注意を喚起する方法をちゃんと考える必要があります。
  9. 授業公開であることに注意する。動画や文書を配信する場合も、保護者や兄弟がうしろで見ている可能性も考慮に入れたほうがいいです。言葉遣いなど丁寧に。
  10. 連絡の更新時間を決めておく。連絡等の更新時間が決まってないと、生徒や保護者がいつ連絡を見るべきなのか分からず困ります。例えば、学校全体や学級全体の連絡などは「連絡がある場合は、平日の10:00に行います」と決めていたり、連絡の際に「次は4月○日の午前10:00に更新します」などと予告しておくと無駄なアクセスをしたり、更新されずにイライラしたりするのを防ぐことができます。

まずは規則正しい生活を送るために

個人的にきいたところ、休校になると生徒たちはだいたい8時〜8時半ぐらいに起きるようです。病気に対する免疫や10代のホルモンのことを考えると学習の開始は9時でいいかもしれません(関連記事 「生徒の睡眠時間を確保するため「朝8時以前の始業を禁じる」法案がカリフォルニア州で可決」)。ただ、以前の休校の時に毎日決まった時間に朝礼っぽいことをすることが規則正しい生活をするためには必要だと感じました。

オンライン朝礼の実施
多くの人が指摘しているように、平日は決まった時間にオンライン朝礼をやった方がいいです。方法としては、ZoomやClassiなどで双方向でやる方法、一斉にメールやLineで発信してメールやメッセージ、Google Form等で答えてもらう方法などがあります。健康状態の確認+生徒が返事を書きやすいような、はてなみたいなお題つき質問(「今日は朝ごはん、何食べた?」など)をあげると良いかもしれません。質問の参考例:http://www.roadtogrammar.com/dl/warmers.pdf(英語です)。生徒が互いに答えを見ることができるようにすると割と盛り上がると思います。

授業のやり方(高校の場合を想定)

オンライン授業を行う場合、次のことに気をつけるといいのではないかと思いました。

  1. 課題をPDFなどで公開する。条件2「枯れた技術」を使うことを鑑み、PDFが一番良さそうです。オンライン授業は教科書を使うことが想定されますが、教科書の内容を公開する場合は生徒に対してのみ公開すべきなので、PDFで作成して、パスワードで保護するといいです。具体的に書くと、まずはWordまたはPPTで課題を入れた文書を作成し、それからPDFで保存して配布という感じでしょうか。
  2. 授業は1日4コマ程度から始める。最初から7コマとかすると、教員が追いつかないので、最初は少なめに始めるのが良さそうです。4コマより少なくてもいいと思います。まずは、できる範囲で。うまくいくプロジェクトによくある、「小さく始めて大きくしていく」が鉄則です。
  3. 時間割を決めさせる。学年で1クラスしかなくても、8クラスあっても、学年(またはコース)の時間割は同じにします(どうせオンラインで個々で受けるので、変える必要はない)。週ごとに設定して(月曜日が国数英理社だったら、火曜日は数英理社国とかそんな感じで)リズムを作ってあげると良いでしょう。
  4. 1単位時間ごとの課題は3つは用意する。教科書はみな持っているので、教科書を中心に考えなければできない課題を用意するのがいいですね。R. ガニェの9教授事象を教師および子どもの視点からまとめた下記の図を参照に「学び」を組み立ててみてはどうでしょうか。
    f:id:karishima:20200412084323p:plain
    9教授事象を自身の学びに活かす(稲垣忠編著「教育の方法と技術 主体的・対話的で深い学びをつくるインストラクショナル・デザイン」2019 p.36)
  5. その時間内での締め切りの時間を設定する。締め切りがあると生徒は頑張ります。例えば、授業を火曜日の10時開始と設定したら、課題1は10:15まで、課題2は10:30まで、課題3は10:45までなどと決めておく。生徒は、メールまたはgoogle formなどで答えるようにします。タイムスタンプが付くので、時間内に答えられたかどうかすぐに分かります。遅れたら、ちょっとだけ減点ねーなど、時間内に答えたくなるように刺激を与えるのも良いかもしれません。生徒には、時間になったら解答を配信して、配信後に答えてきたら減点とするとわかりやすいかもしれませんね。
  6. 課題はひとりでやることを必須条件として考えない。言い換えれば、2人組またはグループで答えさせるのも可にするということです。どちらにしても、できないときは生徒は友達に連絡をとってききます(他の先生に聞くこともあるかもしれません)。生徒が常にひとりで課題に向き合うとは限りません。
  7. 課題はいろんなレベルを作っておく「浅いアプローチ」に関連するものだとすぐに答えられるし、「深いアプローチ」に関連するものだと時間がかかる。4:6ぐらいにすると良い気がします(難しい問題ばかりだと生徒も萎える)。例えば、英語だと英文を与えて出す課題はレベルを下記の3つぐらいに分けられます。とっつきやすい問題は答えを生徒がただ交換して(もしかしたら考えずに)提出して終わりとなることもありえますが、「深いアプローチ」になると自分が納得しないとダメだし、理由などを文章にするので、その生徒のオリジナルな答えが求められていることが本人にも分かります。この浅いアプローチと深いアプローチの2つをうまく組み合わせて出すと良さそうです。
  • 「単語リストの空欄を埋めなさい」 割ととっつきやすい(理解、確認)。
  • 「英文のタイトルとして良いものを下の選択肢から1つ選び、なぜそう思ったかその理由も書きなさい」 考える問題(比較、評価、解釈)
  • 「この英文の後でRogersはどのような行動をしたと思われるか」 かなり時間がかかる(仮定、仮説)。
教科書の利用について

【4/16注記】 新しいガイドラインが出ました。
改正著作権法第35条運用指針(令和 2(2020)年度版)
ご確認ください。元記事は下記です。
forum.sartras.or.jp


教科書の内容をそのままオンラインで全員に公開することは著作権上ダメなので、注意する(参考:遠隔授業で教科書利用可能に 改正著作権法、28日施行 (日経、2020/4/10 10:31))。オンラインで公開されても、3/31までと同じように見ることができるのは生徒や同僚のみという状況にする必要が出てきます。3/31までについては、文科省の「新型コロナウイルス感染症対策に伴う学校教育における教科書の円滑な利用について」という文書があり、その中で下記の文言がありました。パスワード処理は必要ですが、パスワードをつけたpdfの中に直接本文をいれておくか、動画の場合はYoutubeなどの動画のリンクをつけ、その中で見せるようにすることが考えられます(Youtubeでは、リンクを知っている人だけみれる設定にします。Vimeoの場合は、パスワード付きで配信)。

当該学校・地区の採択教科書の利用に限り,発行者が権利を有する掲載著作物を利用して作成した授業動画やプリント等を,当該児童生徒に限定して,学校又は教育委員会が自ら責任主体となって行う複製,公衆送信又は配布に対し,特別の配慮として,教科書利用を無償許諾する

※教科書のオンライン公開についてはここを参照:https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/297591
教科書ネット公開可能に 文科省、休校中の特例措置 :日本経済新聞

※4/12に追記しました。

共通テストの英語のRとLの比率について

【2020年10月追記】以前の記事ですので、状況が変わっている可能性もあります。大学ごとの状況については、必ずご自分でお調べください。

==============


旺文社に続いて、朝日新聞も共通テストにおける英語のリーディング(R)とリスニング(L)の比率についての記事を出しています。

そこで、実際にリーディングとリスニングの点数によってどのように英語の点数が変わるのか見てみました。

続きを読む

2019年に買って良かった本シリーズ その2

2019年に買って良かった本シリーズその2です。

中田達也さんの「英単語学習の科学」です。主に教員向きだと感じました。Paul Nation氏に師事されただけあって、勉強になります。軽い気持ちで購入したのですが(!)、思わぬ収穫が多かったと感じています。

特に心を惹かれたのは、第2章、第5章、第6章以降、第20章です。以下レビューします。

続きを読む

英語のテスト問題作成について

昨年度、作成したものを忘備録として公開します。上山先生の本(以下上山本)などで学んだことが多いです。感謝です。ぜひ参考本をご参照ください。*2020年9月12日に追記しました。

1 はじめに

期末考査や実力考査などは、生徒がとても大事にするものです。当然考査問題には我々教員の普段の指導が反映されますし、また逆に考査の出題傾向が授業に反映されます。丁寧に作っていきましょう。

2 参考となる書籍等

問題を作成する前に、テストについての様々な基礎知識が必要です。以下の本が参考になると思うので、ぜひお読みください。

特に上記の1番目から3番目を読むとテスト設計から考える良いヒントとなると思います。

【観点別学習評価について】
また、中学校での3観点の観点別学習評価については、以下が参考になります。下の英語情報webでは、上記の学習評価の参考資料をもとに解説のビデオを見ることができます。さらに、この観点別学習評価についてある程度押さえてから、教育課程研究センター「全国学力・学習状況調査」の英語の問題を見ると、「知識・技能」、「思考・判断・表現」でどのような出題がされているか参考になります。

3 発問に関して

特に読むこと(リーディング)についてどのような問題例が考えられるかと問われることが多いのですが、上記の書籍(特に高等学校英語教員のための定期テスト作成簡易マニュアルはわかりやすいと思います)や、センター試験「筆記」や大学入試共通テスト、大学入試の過去問を解いてみることが早道だと思います。なお大学入試の過去問については、旺文社の教員用冊子Argumentに長く連載されている「〇〇年入試 長文読解〈良文+良問〉問題 ベスト・セレクト 勝手に20題!」が参考になります。例えば、2019年春の入試であれば、大阪大学「人間の問題解決の仕方」島根大学人工知能の進歩に必須の因果関係を読む能力」一橋大学アメリカにおける家の強制退去と貧困問題」上智大学「便利な最新科学技術がもたらす副産物」などが良問として挙げられています(ちなみに、この表をiPhoneExcelアプリで撮影すると、自動的にExcelの表に変えてくれます。世の中は便利になっています)。なお、最近10年間のものを全て確認していますが、数年前にどうしても冊子が見つからないとき、旺文社に電話したらすぐにFAXしてもらえました。とても親切な対応していただいたと思います。

また、本格的に発問について勉強されたい方は、田中本3冊がとても参考になります(田中武夫先生は、本当に良い先生です)。

個人的には、2冊目が気に入っています。

4 テスト作成前に行うこと

さて、テスト作成に入っていきます。テスト作成前に行うことは、次のことです。

  1. テスト範囲の決定とテスト細目等の決定
  2. テスト作成スケジュールの確認
  3. フォーマットの共有

4.1 テスト範囲の決定とテスト細目等の決定

まず、テスト範囲とテスト細目等の決定を行う必要があります。テスト範囲を決めている例はよく見ますが、テスト細目を決めていない例が多い感じがします。テスト細目を決めずにテストを作ると、様々な問題が発生します。

まず一般的なテスト範囲例です。

f:id:karishima:20200209113630p:plain
テスト範囲の例

しかしこれでは、教員側としてはCan-do項目、4技能、との結びつきや、外国語理解の能力、表現の能力、言語・文化の知識理解、コミュニケーションへの関心・意欲・態度という評価の観点との結びつきが不明です。また、どの項目が何点か明示されておらず、意図せず偏った問題を出す可能性もあります。また、生徒も何を中心に勉強すれば良いか漠然と分かっても、実際にはどれに力を入れて、あるいは何をどう勉強すればよいかよくわからない場合があります。以上のことから、テスト細目を定める方がメリットが大きいと感じています。特に2022年度からは、観点別評価が導入されますので、年間計画上で示された「知識・技能」「思考・判断・表現」「主体的に学習に取り組む態度」のどれを定期考査で測っているのかしっかり計画する必要がでてきます。

そのため、テスト範囲については、教師間でテスト細目を共有することが大事になります。テスト細目は『実例でわかる 英語テスト作成ガイド』を参考にして作ると下記のように示すことができます。
f:id:karishima:20200210045853p:plain

さらに、上山先生の本では、テスト細目作成後に、生徒に範囲を示す場合の例が載っています。「作る人が書くのだから百発百中!! 何をどう勉強すればいいかガイド」的なプリントです。例えば上記であれば、大問6は「書くこと」で和文英訳と書いていますが、生徒に示すときは、「〇〇の何ページに載っている文法事項を使って解く問題。教科書のその箇所を音読筆写し、さらに余裕があれば辞書などで同じ項目の例文を探そう!」などと書くと、生徒が何をどう勉強して良いか、ぐっとわかりやすく示すことができます。詳しくは、上山本をぜひご覧ください。

4.1.1 Can-doなどとのリンク

上記に示したのは「範囲」ですが、具体的なCan-do項目と結びつけることも可能です。これは、『実例でわかる 英語テスト作成ガイド』にも示してあります。学習指導要領の中の文言と結びつけてもいいかもしれません。例えば大問1の「聞くこと」については、「遅めではっきりと話した短い会話を聞いて、概要と詳細を理解できる」と書けば、さらに出題のねらいがはっきりします。

また、「高等学校英語教員のための定期テスト作成簡易マニュアル」でも「聞くこと」「書くこと」など、技能別に以下のように出題例が載っています。この表を見ながら、どのような出題形式にするか考えることもできます。
f:id:karishima:20200210050944p:plain

4.2 テスト作成スケジュールの確認

テストを作成するには、時間がかかります。以下のような工程表を係は作成し、皆で共有する必要があります。
f:id:karishima:20200210051100p:plain

4.3 フォーマットの共有

テストを複数の人で作る場合もあると思います。そのときは、原稿作成要領と同じように、しっかりとフォーマットを作ってからでないと、まとめる係の先生が苦労します。以下のような例を共有するといいと思います。
f:id:karishima:20200210051448p:plain

また、上記のフォーマット例と合わせて下のような共有すべき決まりがあると、なお分かりやすいと思います。

  • 大問の指示はMSゴシック11pt。全角で大問の番号を書き、四角で囲む。また指示の最初には【聞くこと】【論説】【書くこと】など何を問う問題か明記する。
  • 小問は原則(1)(2)(3)と半角かっこの中に半角数字。小問に2つ問題があるときは、(1a)(1b)などとする。
  • 小問番号と下線部は原則同じ数字にする。例えば「(5)下線部4を日本語にせよ。」などとしないように工夫する。
  • 空欄は(5)なら( 5a )( 5b )などとする。分かりやすいように、中の文字はゴシックのBold。かっこは半角centuryとする。
  • 選択肢の記号は原則カタカナで「アイウエ」とする。かっこや記号の後のピリオドはつけない。ゴシック太字で記号だということを明示する(生徒が(ア)などとカッコをつけたり、◯で囲んだりするのを防ぐため)。
  • 行番号は必ずつける。縦長のテキストボックスで、fontはTahoma 7.5ptで右揃えにする。

今日はこんなところです。さりゅ。

※2月11日に一部修正しました。

2019年に買った本でよかったシリーズ

突然、2019年に買った本でこれよかったシリーズ その1。

論理的思考―論説文の読み書きにおいて

これは松井先生のBlogで知ってポチッとしました。2015年の投稿を読んで、今頃という感じですが、やはり良かったです。
松井先生も書かれていますが、「心身共に健康な時に咀嚼するのが良かろう」というぐらいの気持ちで読まないとズタズタにされますが、基本的には、普段学校で生徒を指導しているときに生徒に教えていることや自分で文章を書くときに思っていることが歯に物着せずで書かれています。

なお、本書は論理性だけでなく、冒頭から「色々言ってもどうせ分からないから、まずやらせて悪いところを直す」的なことが書かれており、実践的指導者としては肯くところも多々ありました。具体例を挙げると、面接練習などで、生徒に「もっと感情を強く言って」などと抽象的に言うケースをよく見ますが、そういっても生徒には伝わりません。私自身はそういう抽象的な言葉をできるだけ避けて、「ぜひ〜したい」「心から思います」など、「ぜひ」「心から」等の副詞をつけ、その副詞を少し大きめに声を出すように言い、それが自然とできるまで指導しています。

作文についても、普段から疑問に思っているところが、確かにそうだ!的な部分があり、参考になります。

論理的観点を考える本シリーズとしては、三森ゆりか氏の下記の本もまたオススメです。
論理的に考える力を引き出す―親子でできるコミュニケーション・スキルのトレーニング

何度も読まないとなかなか生徒に伝える教師としての「論理性」は身につきませんが、ディベートについて指導するときなどに具体的にどのようすれば良いかという実践例「問答ゲーム」が詳しく載っており、共通テストの英語で出題が検討されている「事実と意見の違い」の指導例など参考になります。ディベートをこれから勉強したい、指導したいという人にもいいのではないでしょうか。まあ、この本にも来賓の祝辞など「5WiH」のスピーチについて、小学生が批判的に批評していた例も載っており、辛辣なダメ出しが優しい言葉で書いてあります(^^;。

この本から学び、個人的に普段から言っているのは、「〜とか」「〜など」と生徒が言ったときには、「〜とかっていうことは他は何?」と言ったり、「先生、プリント!」と言われても「プリントがどうしたの?」などと聞き返していますが、よく考えたら生徒にとってはうるさいオヤジにしかなってないかも知れんと思ってはいます(自覚あり)。

まあ、今日はそんなところです。さりゅー。

情報化の波と教育

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。下記はEdTech x English EducationというFacebookのグループに投稿した内容のコピーです。もしお時間があれば、お読みください。

さて、EdTech関連の話ですが、下記は知り合いの小坂先生から教えていただいたサイトです。250ページある文書を9000字でまとめてくださっていますが、理解するのに時間がかかりそうです。少しずつ読んでいき、正月休み中にすべて目を通したいと思います。


blog.ict-in-education.jp


また、昨年12月はPISAの読解力が下がった理由の1つに「日本の生徒がコンピューターを使った解答の仕方に不慣れな点」などが挙げられた記事も多かった印象がありますが(https://www.kyoiku-press.com/post-210466/ )、それに対しては、まずデータえっせいの2020年の比較記事。そしてさらに下の「学習者も常時使う文具へ」を読んでどのように今後教育を進めるべきか考える必要があります。


tmaita77.blogspot.com


gakko.site


勤務校でも、生徒が個人所有PCを持ち込んでいる状況はよく見ますが、校内LANには当然つなげず、Wordでレポート形式にまとめたり、発表のためのプレゼン作成に使用することが多いです。一番上の文書中に出てくる「情報活用能力の体系表(例)」では、思考力・判断力・表現力に関するBの項目を行なっていることが多いかなという感じです。


情報活用能力の体系表(例)


今年からまた環境がどんどん変わっていきそうですが、まずは理解からでしょうか。それではまたよろしくお願いいたします。

ダミーか錯乱肢か。

テストの錯乱肢は「3つでいい」と何度も会議で発言していますが、本意が分かってもらえてないかもなーと感じているので、revisitです。

個人的に大きな衝撃を受けた発表からすでに15年ほどたっていると思いますが、静先生が学会で発表されています。
2006_LT(final).pdf

テストの選択肢は4つ必要なく、3つでいいという論文です。日本語でも書かれていますので、長くなりますが、引用します。

それでは錯乱肢はいくつ必要であろうか。現在の標準テストではほとんどが、正答1+錯乱肢3の4選択肢形式をとっている。しかし今日までの実証研究の結果をみてみるとほぼすべてが実は正答1+錯乱肢2の3選択肢形式の有効性を示しているのである(Haladyna & Downing 1994など)。見かけ上は4つの選択肢があるように見えてもそのうちの1つはほとんど誰にも選ばれず、実質上は存在しないのと同じということが多いのだ。つまり

●選択肢は3つで十分

なのである。
 「でたらめにやっても33%は当たってしまう」というのがよく聞かれる懸念だが、次の理由でその心配は無用である。

(1)2選択肢でも5選択肢でも、十分な数の問題があれば、能力の低い者の正答数は能力の高い者の正答数より小さくなる。
(2)時間が十分にある状況では、でたらめな選択をする者は非常に少ない。
(3)見かけ上の正答数が高くなるのが不満なら、33%分の得点を全員から減点する、という方法もある。(不要な操作であるが。
出典:056 testmon - Zuke's Home Page

英語論文にもあるとおり、数学的にも、論理的にもしっかりとした錯乱肢を作れば、3つで十分です。あとこれで、錯乱肢に残る問題は、「錯乱肢と呼ぶべきか、ダミーと呼ぶべきか」問題だけですね(^^; ちょっとしたrevisitでした。

今日はこんなところです。さりゅー。